就労Aまでの道のり 見学~面接まで

統合失調症

11月から就労A型での体験が決まりました。
今回は面接までの過程をまとめたいと思います。

相談支援専門員さんとの面談

就労サービスを使うには、
相談支援員さんをつけなくてはいけません。
(正確にはつけなくても良いそうですが、
自分で書類を作成できない場合は
計画書などの書類作成をお願いしなくてはいけません)
私の場合は入院していた病院が支援員さんを紹介してくれて、
そちらの方にお願いすることになりました。
支援員さんにも色々あるようですが、
私の担当の支援員さんは看護師の資格を持っている方でした。

しかし、支援員さんに連絡を取ろうとするも…
なかなか連絡が取れない…(´Д`)

聞いたところによると、
支援員さん一人で50~60人抱えているとか…
人によるのかもしれないですが、
私の担当の方はとても忙しくされてるみたいでした。

後日やっと連絡が取れ、
事務所で面談をしました。

色々な書類に目を通して、
ハンコを沢山押した記憶があります。
これまでの生活の様子や
今までの仕事などを聞かれました。

1時間くらいでやっと終わりました。

認定調査

市から委託された団体の人が自宅に来て、
生活状況を聞かれました。
一人で~できるとか、できないとか
そういった内容だったかと思います。
30分くらいかかりました。

見学

ここにきてようやく見学です。
私は母と参加しました。
施設の人が仕事内容や、
勤務時間の説明をしてくれました。
途中で車で移動して、
施設外就労の場所も見学しました。
今回はピッキングの現場を見学しました。
お酒?の入った段ボールをカートに移動させる
という作業をしていました。
夏だったので、とても暑そうでした。

応募

私の場合、
英語の試験があったので、
見学から2~3か月空いてしまいましたが、
応募したいと問い合わせてみると、
まずハローワークに行って、
紹介状をもらってきてほしいと言われました。
ハローワークの障害者の窓口で、
普通に応募するときみたいに、
ハローワークの人が面接日程を調整してくれて、
面接日が決まり、
紹介状をもらいました。

面接

就労Aの面接といえど、
落とされる可能性もあるみたいなので、
少し緊張していました。
A型の応募なので履歴書も持参しました。
面接は、女性の方2人だったので安心しました。

やってみたい仕事や、
働くうえで不安なことを聞かれました。

結果はその場で採用が決まり、
いつから働きたいと聞かれました。
週3~を希望していましたが、
やはりA型なのでゆくゆくは週5を目指してほしいとも言われました。

意外と長かった

ここまで就労Aの過程を書きましたが、
意外と長かったですね…!
これから体験もあるので、
お給料が出るのはまだ先です。
体験中はお昼が出ないみたいですが、
そのあとは出るみたいです。
まだ働いていないので何とも言えないですが、
自分に合う職場だといいなあ。

どなたかの参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました